スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記

アニメ「ティアーズ・トゥ・ティアラ」に出てくるキャラクター「オガム」のような人に連れられて家の近所を歩いていた。少し離れた後ろからは自分の従者2人が付いてきている。従者はエルフのような感じ。

家の近所の雑木林の中に洞窟ができていて、オガムと一緒に洞窟の中に入る。

洞窟の中には先住民族がいて、許可なく洞窟に侵入してくる侵入者は殺されるという設定だった。

先住民族は、日本の飛鳥時代風の文化を持っている。

自分は、以前からその先住民族とつながりがあると言う設定で、懐から銀色に輝く矢を取り出して胸の前にかざすと先住民族たちは襲ってこないと言う設定だった。

洞窟はとても大きな木と繋がっていた。隣のトトロに出てくる木よりも大きい。

木にはいくつも部屋があって、その中の造りの良い部屋に女の子が倒れていて、その女の子に自分が何かオーラのようなエネルギーを送りながら心臓マッサージをする。すると、女の子は意識を取り戻す。

先住民族の長のような老婆が出てきてお礼を言われてその場を立ち去る。

洞窟から出ると、視点が変わる。

洞窟の外では自分を付けねらう赤毛の女暗殺者が隠れていたが、カラスとケンカをするなど結構おっちょこちょいのようだった。

さらに視点が変わる。

先ほどの先住民族の老婆と女の子が話していた。老婆の左目の泣きボクロがあるような所に、青い小さな宝石がくっついていて少し怪しく光っていた。その宝石で老婆は神に近い存在に操られていた。



覚えているのはここまで、以上。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。